小雪(しょうせつ)

11月も終盤です。日に日に寒さが増してきて、朝起きるのが辛くなってきました。

それでも日中、太陽が出ると『小春日和』にほっとすることもあります。

『小春日和』 こはるびよりとは、

 

小春日和:こはるびよりとは、【 立冬を過ぎて寒さが厳しくなってくるころの、暖かく穏やかな気候 】 のことで、まさに今の時節。立冬の後の15日目で、「小」は寒さはまだ厳しくなく、わずかながら雪が降り始めるようになる頃です。

 

この時期は二十四節気の一つの 『小雪』 しょうせつに当たります。雪国からは雪便りが届き、各地で霜が見られます。北風が吹いて冬の到来を実感させます。

 

『小雪』しょうせつ

 

いまいちピンと来ないワードですねぇ(´-д-`)。。。

 

女優の小雪さんを思い浮かべたりしちゃいます。(。・ω・。)

正確に言うと『二十四節季のひとつ』で、ざっと並べるとこんな感じ

二十四節季(せっき)

 

〔春〕立春(りっしゅん)雨水(うすい)啓蟄(けいちつ)春分(しゅんぶん)清明(せいめい)穀雨(こくう)

 

〔夏〕立夏(りっか)小満(しょうまん)芒種(ぼうしゅ)夏至(げし)小暑(しょうしょ)大暑(たいしょ)

 

〔秋〕立秋(りっしゅう)処暑(しょしょ)白露(はくろ)秋分(しゅうぶん)寒露(かんろ)霜降(そうこう)

 

〔冬〕立冬(りっとう)小雪(しょうせつ)大雪(たいせつ)冬至(とうじ)小寒(しょうかん)大寒(だいかん)  

 

 各季節6個×4の24個 お、多い・・・(*Å゚;*)

秋が深まるにつれ

また、秋は「深まる」といいます。

 

それは、夏や冬より変化が大きく、時間の経過、つまり奥行きを感じられる季節だからと考えられます。

 

木の葉は緑から黄色、赤になり散る、気温も急に下がる、日も短くなるなど、変化が目に見え、肌で感じられます。

 

ですから、奥行きを表現する「深い」がよく使われるのではないでしょうか。

その時期ならではの情緒を大切に

 

日本人が昔から、秋は、「深い時期」の、物事が終わってしまう「はかなさ・寂しさ」に、春は、「浅い時期」の、これから明るく暖かくなる「若さ・期待感」に情緒を感じて来たからだと考えられます。

 

「秋が深まる」は、日本には四季があり、日本人が季節の移ろいに目を向け、その時期ならではの情緒を大切にしてきたからこそ、定着した表現なのでしょうね。