勉強することの意味

 

一度は誰でも考えたことありますよね。

勉強の意味」

 何のために勉強するのって?

ちょっと古くなりますが、NHKスペシャル「ホットスポット」ご覧になった方も多いのではないでしょうか。

 

かつて、ニュージーランドには、キーウィをはじめとして飛べない鳥がたくさんいました。

 

なぜ、飛べなくなったのか?

 

天敵もおらず、食べ物も豊富にあって、 飛ぶ必要がなかったからです。

しかし、人間と人間の持ち込んだ天敵(ネズミ、オコジョなど)の出現で、飛べない鳥の多くが絶滅してしまいました。

 

飛べない鳥なんて、もはやこれといった取り柄 () のない生きる力の劣った生物というわけです。

 

同じ飛べない鳥でも、足の速いダチョウや、水中を高速で泳ぐペンギンは特別な能力を身につけているので、生きる力が劣っているとは言えません。

 

甘やかされ、楽をしていると、知らず知らずのうちに

 

「生きる力」が衰えていきます。

 

極端に言えば、人間として勉強をせずに、なおかつ生き残りたかったら、特別な能力「技術」 を身につけることしかありません。

 

有り余るほどのお金があればそれはそれで『生きる力』といえますが・・・。

 

それでは、なぜ勉強するのか? やはり生き残るために勉強しなくてはならないのです。

 

 

もし、しゃべれるハトがいて、「なぜ、わたしは飛ばなきゃならないのでしょう?」と質問してきたら、こう答えてやります。

 

 

「お前さんが飛ばなくなったら、何の取り柄()があるんだい。足は遅いし、知恵も人間ほど働かない。ぽっぽ、ぽっぽ、鳴いてるだけじゃないか。そんなんじゃ、すぐにネコかイヌの餌食(えじき)になってしまうぞ。」って。

 

 

 

 

「 かわいい子には旅をさせよ 」 という、ことわざがありますが、旅を勉強に置き換えてもいいかもしれませんね。

 

 

 

 

もちろん、ここでの勉強というのは、学校の勉強に限るものではありませんけど。