合格祈願☆阿部文珠院(奈良県桜井市)

みんなの合格を祈願してきましたよ!

知恵の文殊様として知られ受験シーズンには合格祈願者が多く参拝する「阿部文珠院」。

奈良・桜井の蕃神(ばんしん)の仏様、日本三文殊の安倍文殊院(あべもんじゅいん)にお参りし、受験生全員の合格を祈願してきました。

 

『三人寄れば文殊の知恵』の格言は、安倍文殊院の文殊菩薩様から生まれたそうです。

 

 

ご本尊は「三人寄れば文殊の知恵」で知られる文殊菩薩(もんじゅぼさつ)、知恵を象徴する仏様です。「仏」というのは、狭義では悟りを開いた仏陀(如来)のことですが、広義では悟りを開こうと修行している菩薩も含まれます。

 

 

安倍文殊院は安倍氏の氏寺で、一族のなかには留学生として遣唐使とともに唐に渡った阿倍仲麻呂(あべのなかまろ)、陰陽師で知られる安倍晴明(あべのせいめい)などがいます。

 

 

安倍氏は、崇神天皇(すじんてんのう)の時代の四道将軍の一人、大彦命(おおひこのみこと)を祖とします。伊賀国一之宮である敢國神社(あえくにじんじゃ)の略史によれば、大彦命の一族は伊賀国にお住みになり、その子孫は伊賀国中に広がっていきました。伊賀国の阿拝(あえ)郡(現在の阿山郡は阿拝郡と山田郡が合併してできたもの)を中心に居住したため、阿拝氏を名乗るようになり、後に敢・阿閉・阿部・安倍と呼ばれるようになったということです。

内閣総理大臣安倍晋三、そのルーツは陰陽師「安倍晴明」

皆さんもご存知の第9697代内閣総理大臣(再登板)、第25代自由民主党総裁安倍晋三。驚いたことに、そのルーツは陰陽師「安倍晴明」なのだそうです。

 

嘘か誠か、安倍晋三の先祖は呪術師だったわけですね。

 

 

金閣浮御堂の手前の阿倍仲麻呂歌碑の左横に、安倍晋三首相の献灯碑もあることに気付かされました。

開明グループ・東進衛星予備校は皆さんの健闘を心よりお祈りいたします。

さあ、最後のカウントです。どうぞ風邪やインフルエンザにかかりませんように。

 

粘って粘って粘り抜いて、自分の道は自分で切り拓け!!運勢(未来)は自分で作っていけるものなので、試験ではぜひ、自分の実力で得点を取ってきてください!

 

しつこいようですが、体調を整えて、万全の状態で当日を迎えてくださいね。

 

 

開明グループ・東進衛星予備校は皆さんの健闘を心よりお祈りいたします。

いっしょに頑張ろう!ここをクリック!!