「春」 待ち遠し

日増しに温かくなって春らしい陽気を感じます。

春は「物事の始まり、新年の始まり」ですね。春の気配を感じるようになってから、悲しいことに花粉の飛来と黄砂。そして今年もPM2.5という、やっかいなものまで中国からやってきます。日本の春は、わくわく感でいっぱいですが、花粉症の皆さんにとってはさらに大変な時期になりますね。  (´ー`)ノ

卒業式シーズンです。

 

今日、用事で息子の学校にお邪魔させていただいた際に、先生の机の上に、素敵なエッセイを

 記したかわいい一枚の紙をいただきました。

 

このエッセイは卒業式で在校生が卒業生に送るそうです。

 

ここに紹介しますね。

●●● これから誰かを好きになる人へ ●●●

一人の人を好きになろう。

 

自分とはちがう素敵な考え方、感じ方、生き方。

 

そんな人に出会うと強く心がときめく。その人とずっとずっと一緒にいたくなる。

 

一人の人をもっと好きになろう。

人間としての輝き。

大きさ。優しさ。

その人に憧れその人に近づくために、

きっと今の自分を見つめ直す。

 

ひとを好きになることは、自分を少しでも素敵な存在に高めようとすること。

一人の人をもっともっと好きになろう。

 

自分の想いを伝えることの難しさを教えてくれる。

自分の想いが伝わらないことのもどかしさを教えてくれる。

自分の想いが伝わることのうれしさを教えてくれる。

 

一人の人をもっともっともっと好きになろう。

 

会いたくても会えないことの切なさを

きっと知る。

自分が人間として未熟な存在であることを、きっと知る。

 

人を一途に想うことの苦しさを、

きっと知る。

ひとりぼっちの寂しさをきっと知る。

 

だから一人のひとを好きになろう。

自分が自分であるために。

 

自分から進んで、人を好きになる。



自分から進んで、人を好きになる。

人間には「鏡の法則」というのがあります。


 

自分が笑えば相手も笑い、自分が怒れば相手も怒るという、鏡を見ているかのように、自分と相手の表情が一致するということです。たしかにこれは本当のことです。

 

あなたも笑っている人と一緒にいると、自然と笑顔になるはずです。こういう考え方が好きです。

 

子どもの生きる力を育てたい。それだけでなく、夢のクラスをつくりたい。

 

 そんな先生の思いがこもったエッセイ。自分から進んで、人を好きになる。素敵じゃないですか(^◇^)


春が来ると真っ先に咲く庭前の梅の花、春が待ち遠しい

時節柄、みんなに紹介したい私の大好きな詩です。

春されば まづ咲くやど梅の花 独り見つつや 春日暮らさむ

山上憶良『 万葉集』

 

いい歌ですね。山上憶良の歌です。この前後には、太宰府での花見の宴の美しい梅の歌が並びます。

 

 

昨今の花見では、梅は桜に押され気味です。しかし、梅の花を愛でる万葉の美意識に通じる美意識は、衣食住すべてのなかで、現代の日本人にも継承されています。日本人にとっては、とても大切な美意識のひとつではないでしょうか。

 

さて、受験生の皆さん、

 

 

 

梅が終わって、もう時期  🌸さくら🌸  

もうひ地踏ん張りです!頑張れぇ~(^o^)/

ここから始まる新しい希望

春が待ち遠しいキミ!

開明グループ・東進衛星予備校は、

知らない自分に会える場所です!

(^_-)-☆クリック!