『  五 美  』

古都・奈良に春を告げる東大寺二月堂(奈良市)の修二会(しゅにえ)も終わり美し国「日本」に春が訪れます。

美し国、四季のある国、日本。桜が咲くこと、雨が降ること、紅葉が散ること、そして雪が降ること。 我々日本人は、その美しい自然の変化を愛でてきました。また、古いものを捨て、新しいものがあふれていく現在社会のなかで、古くから日本にある伝統を見なおすこと。それは、移ろう季節のなかから不変のものをみつけだすことと似ています。

春は 物事の始まり、新年の始まりですね。

春されば  まづ咲くやどの梅の花 

独り見つつや  春日暮らさむ 

山上憶良 『万葉集』

 

 

受験前の慌しい、そしてピンと張り詰めた校舎内とは打って変わって、穏やかで優しい空気に変わっています。

 

うち山や外様しらずの花盛り  

松尾芭蕉

 

 

桜の開花も聞かれました。さぁ~、花の季節到来です!


1つ大人に近づいた君に花むけのエールをたむけます!!

『論語』 の一節

子張曰わく、何をか五美と謂(い)う。 子曰わく、君子、 恵して費(つい)えず、 労して怨みず、 欲して貪(むさぼ)らず、 泰(ゆたか)にして驕(おご)らず、 威にして猛(たけ)からず。

 

どういう意味かと言うと、

 

 

人に恩恵を施しても無駄はしない。

人を労働させても恨みを買わない。

欲する物があっても貪らない。

ゆったり構えていても傲慢にならない。

威厳があっても猛々しくない。将来のリーダーになるべき者は、勉強だけでなく、人としても立派な人になっていきましょう。

開明グループ・東進衛星予備校は、頑張るキミたちをとことん応援致します


梅わぁ~咲いたか、桜わぁ~まだかいなっ。梅とぅ~桜のぅ~あいだにわぁ~、桃があるぅ~うヨイヨイ♪