奥が深い日本語

少しだけ日本語の奥の深さを見てみましょう

日本語には、漢字一字にも複数の読み方があり、モノを数えるときにも様々な数え方があり、似たような様子を表すにも微妙に異なった言い方があり、雨一つとっても色々な雨があります。

 

外国人だけでなく日本人でさえ、このように複雑で繊細な日本語をマスターし使いこなすことは至難のわざだと思います。しかし、

日本人として生まれ日本で暮らす以上、できれば繊細で奥深い日本語を使ってみたいものです。そこで、少しだけ日本語の奥の深さを見てみましょう。

◆漢字の読み例えば、「和」の読み

 

平和(へいわ)

和らぐ(やわらぐ)

和やか(なごやか)

和尚(おしょう)

日和(ひより)・・・熟字訓

大和(やまと)・・・熟字訓

和泉(いずみ)・・・地名

和義(かずよし)・・・人名

など

 


◆助数詞(モノを数えるときに使われることば)

丁(ちょう)・・・豆腐など

枚(まい)・・・盛りそば、ざるそばなど

膳(ぜん)・・・箸(はし)など

脚(きゃく)・・・椅子(いす)など

棹(さお)・・・箪笥(たんす)など

基(き)・・・墓、古墳、ピラミッドなど

面(めん)・・・鏡、運動場、プールなど

張(はり)・・・テント、蚊帳(かや)など

局(きょく)・・・将棋・囲碁の試合など

など

 


◆擬態語(ものごとの様子を表すことば)

 

ヌルヌル・・・ウナギなど

ネバネバ・・・納豆、オクラなど

ネトネト・・・糊(のり)、油汚れなど

ねっとり・・・こしあんなど

ネチネチ・・・しつこい言い方など

など


◆雨の種類

霧雨(きりさめ)・小糠雨(こぬかあめ)・・・細かな雨

篠突く雨(しのつくあめ)・・・激しく降る雨

俄雨(にわかあめ)・・・降ってきてすぐやむ雨

五月雨(さみだれ)・・・旧暦の5月頃に降る雨、梅雨のこと

夕立(ゆうだち)・・・夏の夕方に急に激しく降る雨

氷雨(ひさめ)・・・雹(ひょう)、霰(あられ)、霙(みぞれ)、きわめて冷たい雨

時雨(しぐれ)・・・秋の終わりから冬の初め頃に降ったりやんだりする雨

など


あ い『 愛 』で始まり、を(お)ん『 恩 』で終わる

 

難関校や全国模試の過去問を見てみると、盛りそばの数え方や雨の種類など幅広く一般常識を問うようなものもときどき出題されています。

 

日本語の奥深さ、知っておいても損はないと思います。

最後に、平安時代初期の名僧である空海が平仮名を創作したという伝承がありますが、そんな平仮名の50音。

 

あ い『 愛 』で始まり、

を(お)ん『 恩 』で終わる

 

奥が深いですね〜、

 あらためて、そんな素敵な日本語を大切にしたいと思っています。