勉強をするということ

一度は誰でも考えたことありますよね。

::::: 勉強の意味 :::::

今、東進では夏休みを前に、勉強に対するモチベーションをしっかり上げてもらって、この長期休暇で飛躍的に実力アップを果たしてもらう為に、様々な角度から学習指導しています。

 

今日は、「学力アップは机の上から」というテーマでお話しさせていただきました。

夏休みの勉強のイメージはできていますか。

この記事を読んでくれている高校生諸君!

 

夏休みの勉強のイメージはできていますか。

まだ夏休みじゃないですが、そろそろスタートしても早くはないはずです。

 

そこで、あらためてキミに問います。机の上は片付いていますか?

 

夏休みに限らず、常に、勉強の習慣が付いている生徒は、日々の勉強が終わった時点で、机の上を片付ける習慣がついています。

 

机の上がいつも、テキストやプリントでなどで山盛りになっているのは、中途半端な勉強をしているからです。

 

机の上が乱雑になっていたら、まずやることは、机上の整理です。そして、勉強が終わったら、いつもキレイにしておくことです。

 

この習慣を、身に付けるだけでも、確実に学力はアップします。

社会に出ても、そうですよ。

机の上に、書類がいつも山盛りの人は、仕事が遅い。

日々、多くのことをこなさなければならなくなると、机の上に、書類なんか貯めていたら、仕事が回りません。

(ついでに、学校や塾に行って、先生方の机の上がいつも整ってないのは要注意ですよ)

 

勉強も同じです。毎日確実に、勉強をするためには、作業場である机の上に本など山積みにはしていられないはずです。


それでは、本題に入ります

モチベーション面談の時、生徒からから問われました。「先生、何のために勉強するの?」って、、、内角高めの速球150キロ。。。えぐってきました( 。-ω-)-ω-)-ω-) ウーーーン、ここは一番!先生の貫禄を見せつけねばなりません。"(-""-)"💦

・・・・勉強する意味? 哲学的なテーマで、いろいろな考えが出てきそうです。この機会に改めて考えてみました。

 

鳥のように大空を飛ぶこともできず、魚のようにスイスイ泳ぐこともできず、チーターのように速く走ることもできない人間にとって、他の動物たちより優れているものは何か?

 

人間が 「万物の霊長(れいちょう)」 といわれる所以 (ゆえん) は何か?

 

それは他の動物にはない、高い精神性と知性です。

 

人間から高い精神性と知性をとったら、これといった取り柄(え)のない生物になってしまうでしょう。

::::: そこで、なぜ勉強するのか? :::::

 

それはね、、、、

 

「 人間だから勉強するのです。」

 

 

 

ん~、答えになってませんね。  (/・・) (/・・)💦


かつて、NHKスペシャル 「ホットスポット」 で特集していたことを思い出しました。

かつて、ニュージーランドには、キーウィをはじめとして飛べない鳥がたくさんいました。なぜ、飛べなくなったのか? 天敵もおらず、食べ物も豊富にあって、 飛ぶ必要がなかったからです。しかし、人間と人間の持ち込んだ天敵(ネズミ、オコジョなど)の出現で、飛べない鳥の多くが絶滅してしまいました。

 

飛べない鳥なんて、もはやこれといった取り柄 (え) のない生きる力の劣った生物というわけです。

 

 

同じ飛べない鳥でも、足の速いダチョウや、水中を高速で泳ぐペンギンは特別な能力を身につけているので、生きる力が劣っているとは言えません。

甘やかされ、楽をしていると、知らず知らずのうちに 『生きる力』が衰えていきます。

 

極端に言えば、人間として勉強をせずに、なおかつ生き残りたかったら、特別な能力「技術」 を身につけることしかありません。

 

有り余るほどのお金があればそれはそれで『生きる力』といえますが・・・。

それでは、なぜ勉強するのか? やはり生き残るために勉強しなくてはならないのです。つまり、

もし、しゃべれるハトがいて、「なぜ、わたしは飛ばなきゃならないのでしょう?」と質問してきたら、こう答えてやります。

 

「お前さんが飛ばなくなったら、何の取り柄(え)があるんだい。足は遅いし、知恵も人間ほど働かない。ぽっぽ、ぽっぽ、鳴いてるだけじゃないか。そんなんじゃ、すぐにネコかイヌの餌食(えじき)になってしまうぞ。」って。。。

それでは、キミたちが勉強しなくてはならない意味とは、

先行きが見えない混沌とした社会だからこそ、高い精神性と知性を身に付けて「生き残るための力を身に付けなければならない!」

だから、勉強は後回しにできないのだ!!


勉強の意味、理解したかな?

 

さぁ、夏休みを迎える準備をしっかり整えて、先ずは勉強机をきちんと整頓して戦闘体制に入りましょう。

 

行動することの重要さを再認識し、同じ時間は二度とめぐってこないからこそ、この夏休みの勉強は決して後回しにはできないのですよ。 

東進は、仲間で競い合い、高め合いながら、真剣に学べる環境が自慢です。飛躍できるチャンスは逃すな!