革命を起こす夏にする!「勝者の夏の過ごし方」

今回も、「勝者の夏の過ごし方」と題して、成功する夏の過ごし方についてお話ししたいと思います。

あなたが、自分の現状に満足しているのなら、今のままで良いでしょうが、高校の勉強はそんなに甘いものではありませんし、まして受験生であればなおのことです。では、自分を変えたいのであればどうしたら良いのか、行動する以外に道はありませんよね。とにかく、勉強に対してのモチベーションを上げる。その為の工夫をする。今、この記事を読んでくれているキミ!革命を起こす夏!にしてみませんか。

1日の生活において「悪いカタチ」 を壊すこと 「良いカタチ」を作ることから始めよう。

「悪いカタチ」とは、例えばゲームやテレビに熱中して時間を無駄にし、勉強時間が確保できない。だらだらとしてしまって勉強に集中できない。ネガティブな状態

 

「良いカタチ」とは、生活にメリハリをつけて自己管理し、有意義な時間を過ごし、もちろん勉強も集中し計画通り進めることができる。ポジティブな状態

 

要は1日を終える時に1日を振り返って、虚無感にさいなまれる(悪いカタチ)のか、それとも充足感に浸れる(良いカタチ)のか自分の心の持ちようで状態が分かる。

ネガティブな人とポジティブな人の違いはたった1つ。それは「思考の癖」にすぎない。

それは、同じ物事でも、どのように捉えて解釈するか「視点」が違うだけなのです。

 

つまり、ネガティブ思考の改善方法とは、思考の癖を矯正するだけです。癖とは習慣です。あなたが歯磨きの習慣を身に付けたように、どんな習慣でも「反復・繰り返し」で、簡単に身に付けることができます。

 

そこで、物事をどのような視点で捉え、解釈しているのか?ポジティブシンキングになるための思考習慣を夏休みを迎える前に是非とも身に付けて欲しいと思います。


様々な試練において、『メンタルブロック 』を取っ払おう!


高校生の頃に、スポーツの場面でも勉強に際しても、監督・先生から叱咤・激励と共に何度も指導を受けたことを思い出します。

 

それは、

 

「心の中の限界を超える成果をあげることは決してできない」

 

簡単に言えば、物事を後回しにして逃げていては成果を上げることなんて出来ないってこと。

『 自分が無理だと思っていることは決して実現させることはできない。なぜなら、心の中の「カタチ」に化学反応をしてしまうからである。』これをメンタルブロックと言う。

指導者は私たちにあえて、あらゆる場面で高い目標を持たせた。

 

たとえば、

 

先生「 次のテストは90点を目指そう」「順位を10番上げよう 」

自分 「 え~っ、絶対無理ぃ~ 」

先生「お前なら必ず出来る!」

自分「・・・・・」

 

無理だという 「悪いカタチ」 を心の中に持っている間は絶対に目標達成なんてできやしない。

 

今になってそれが良く分かる。

 

「革命を起こす夏!」にしてもらいたいます。

私たち東進スタッフは、キミが弱気になっているのなら、

 

「そんなことはない、こうやって勉強すれば大丈夫!」

「君はその能力があるから信じて頑張れ!」

 

何度も何度も出来るまで声掛けして激励します。

 

そうすると不思議なことにその気になってくる。

心の壁が壊れ始め、そして顔つきも変わってくる。

 

『壁というのは、できる人にしかやってこない。超えられる可能性がある人にしかやってこない。だから、壁がある時はチャンスだと思っている。』スーパースター、イチローの言葉である。

この夏、東進で励ましのシャワーの中で、行動し意欲を作り出すということ。心の中に巣くっている、見えない 「悪いカタチ」 をぶちこわしてみませんか?

本来人間は「ネガティブな生き物」です。どんなにポジティブシンキングの人でも、時にはネガティブ思考になるもの。だからこそ、東進で、様々な試練において、メンタルブロック を取っ払い、弱気になる自分に打ち克ち、何事にも強気で臨んで欲しい。

 

自分がネガティブになっていることに早く気づき、思考を切り替えることを大切にし、ネガティブによって増幅される不安や恐怖からは、何も生まれないことを知ってもらうために我々東進スタッフは日夜、叱咤・激励し「ネガティブ思考から、ポジティブシンキングに切り替えるテクニック」を身に付けてもらいます。

「悪いカタチ」 を壊すこと 「良いカタチ」を作ることに挑戦し、

私たちと共に、「革命を起こす夏」にしようではありませんか!